ブログ始めは換気の話

2020/05/12
logo

今日からブログをはじめます。 

まずは世情を鑑み換気の事から。           

新型コロナウイルスの集団発生防止に、3蜜(密閉・密集・密接)を避ける行動が示されています。感染のリスクを避けるための条件ですが、これらにより、換気の関心が高まっています。

そこで、最も身近な住宅の換気についてですが、約17年程前、新築の家や新しい家具から防虫防腐を目的に使われている化学物質が室内に発散され体調不良を引き起こす事情が生じ問題になりました。『シックハウス症候群』です。

これを受けて国が居室の換気を24時間換気の仕組みの設置を義務付けたわけです。

居室の換気方法は、大きく分けると機械換気と自然換気の二つです。

少し専門的になりますが、

1.機械換気は第一~第三換気がありそれぞれ換気の仕方が違います。新築を計画されている方は気にかかると思います。担当建築士に説明してもらってください。多分、あなたの家に一番合った方法を考えてくれているはずですから。でも一つ提案します。これから設置するのであれば、少し予算をプラスしてでも、居間などは全熱交換換気システムがお勧めです。冷暖房のロスを防ぐことができます。

2.自然換気は法で決まった大きさ以上の窓を設置して空気の入れ替えをすることです。開口部は居室の床面積の1/20以上と決められています。            

よい季節ですから、「さあ、窓を開けましょう」新鮮な空気を取り込んで、コロナなど追い払いませんか?

「えっ、花粉がですって。どっちが重要?」